#author("2022-07-23T00:30:31+09:00","","")
* Arch Linux メモ - Install (MBR版) [#o6499c4d]

え、MBRなの? アッハイ。[[暗号化バージョンページつくりました。>Tips/Lin/Arch/InstMBR/Crypted]]

**キーボード/時刻設定 [#zb20e679]

EFI版と共通です。

 # loadkeys jp106
 (日本語キー設定)
 # timedatectl set-ntp true
 (NTP同期スタート)
 # timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
 (EFI/BIOS時刻を日本時間準拠に)
 # timedatectl status
 (日本時間設定とNTP同期ONの確認)

**パーティション確保 [#z5182760]

プライマリパーティション2 (ext4) 64GB + プライマリパーティション3 (Swap) 4GB のシンプル構成。

 # fdisk /dev/sda
 Command (m for help) : o (※G小文字でGPT  オー小文字でDOS/MBRになります)
 
 Command (m for help) : n
 (新規パーティション作成 引用めんどくさいので画像で)
#ref(VBOX_Arch_fdisk.png);
 Command (m for help) : w
 (パーティション情報書き込み。4GBのパーティションはSwapを意味する82番に変更したりしてます)

**パーティションの初期化とマウント [#f9d89810]
EFIのメモとあわせるため、sda1 が空白になっています。注意。

 # mkfs.ext4 /dev/sda2
 sda1 は Linux ジャーナリングファイルシステム。
 # mkswap /dev/sda3
 # swapon /dev/sda3
 スワップ作ってつかいはじめる。
 
 # mount /dev/sda2 /mnt
 これでマウントは完了。
 # df
 パーティション情報のマウント確認
 # free
 スワップ有効の確認

** 基本システムのインストール without ブート構成 + パーティション構成保存 [#a5a436c1]

ここはEFIバージョンと共通。

 # cd /etc/pacman.d/
 # ls
 # mv mirrorlist mirrorlist.org
 # reflector | grep .jp > ./mirrorlist
 # vim ./mirrorlist
 (juniorjpdj.pl 鯖の行を全部削除、.jp ドメインだけにする)
 
 # pacstrap /mnt base linux linux-firmware
 Linux本体を /mnt に放り込むおまじない
 
 # genfstab -U /mnt >>/mnt/etc/fstab
 fstabにsda2+3のパーティション情報保存 (sda1はありません)

**ブート環境の登録など [#r4df00ee]

 # arch-chroot /mnt
 ルートが /mnt になる
 # pacman -S grub
 Grub投入
 # grub-install --target=i386-pc --recheck /dev/sda
 MBRにgrub登録
 # grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
 grubの設定ファイル書き出し
 # passwd
 rootのパスワード登録(締め出し防止)

トップ   編集 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS